美容効果のあるスパイス3選♪

詳細ページの写真(1)

本日は、350種類以上あると言われるスパイスから、ダイエット効果、アンチエイジング効果のある物をご紹介致します!!

ダイエット編

1.『ジンジャー(生姜)』:食べるだけでエネルギー消費率が10%アップ!

体を温める効果があるとよく知られているジンジャー(生姜)。生姜に含まれる辛味成分が血行促進、新陳代謝を活発化する働きをしてくれます。「エネルギー消費率」なんと、生姜を20g食べるだけでエネルギー消費が約10%もアップするそうです!

「最近痩せにくくなった」なんてお悩みの方におすすめのスパイス!

生姜の摂取ポイント

・熱を加えるとさらに体を温める成分が増加
・生の生姜だけでなく、チューブに入っている生姜でも効果あり!

2.『トウガラシ』:アドレナリンがダイエットの鍵!

トウガラシには「カプサイシン」という辛味成分が含まれています。このカプサイシンを摂取すると交感神経が刺激され、アドレナリンというホルモンが分泌されるのですが、これがエネルギーの消費を高めてくれるそうです。

交感神経を自分でコントロールすることはなかなか難しいことですが、トウガラシがそれを可能にしてくれます。

太りやすい食事に大量のカプサイシンを入れてみたら、太るどころか逆に脂肪が落ちて痩せたのだそう!だからといって摂りすぎはもちろんNG。効果が期待できると言われている量は1回に1gです◎

トウガラシの魅力

・抗酸化ビタミン、ビタミン、A、E、Cが多く含まれている
・料理にトウガラシを入れると、食塩が少なくても塩辛く感じることから減塩効果も期待できる
・血行が良くなり、冷えや肩こりの解消

3.『シナモン』:夏に気になるシミ・シワ対策にも◎

香りや風味を付けるための“おまけ”的なイメージのあるシナモンですが、脂肪細胞を小さくし、中性脂肪やコレステロールを下げたり、新陳代謝を上げるなどのダイエット効果があるスパイスの1つです。美容・健康効果。シナモンには、摂取してたった2~3時間で毛細血管を修復する力があります。身体中に張り巡らされている毛細血管は老化によって減少してしまうのですが、シナモンがそれを修復し、酸素や栄養を全身に運べるようにしてくれます。

アンチエイジング編

シナモンの美容・健康効果

・シミ、シワ、クマ、たるみの改善
・血行促進。冷え・むくみの改善
・アンチエイジング
・殺菌、解熱作用による風邪の予防

『クミン』:アンチエイジング&デトックス効果!

クミンはカレーパウダーの主原料になっているもの。実はあのカレーのいいにおいは、主にクミンの香りなのです。そんなクミンは今特に注目のスパイス。毎日クミンを小さじ1杯ほど摂取したところ、体重や体脂肪が落ちた研究結果がでているそうです!

クミンの効果

・クミンが豊富に含んでいる「植物ステロール」が体内のコレステロールの吸収を抑える

・ビタミンのほか、鉄分・カルシウム・マグネシウム・亜鉛などのミネラルも豊富
・含まれるクミンアルデヒドには抗酸化作用があり、アンチエイジング効果も◎
・摂取すると体内の新陳代謝が一時的にアップ
・利尿作用や、腸内のガスを排出する力などのデトックス効果があります

もちろんどのスパイスもいつ食べてもOK!ですが、新陳代謝アップなら運動前や朝もおすすめ◎シナモンの美容効果を期待するなら、成長ホルモンが分泌される就寝前がベスト!毛細血管の修復力との相乗効果を得られるのでおすすめです◎

今回はスーパー等で手に入りやすいスパイスばかりですので、ぜひダイエット、アンチエイジングが気になる方は取り入れて見てくださいね!

 

銀座エステレイア:髙山

  • このページのトップへ
Sitemap