反り腰が下半身太りの原因に??

詳細ページの写真(1)

本日は、最近私がお客様の中でも増えてきたと感じている、『反り腰』について調べてみました☆

『反り腰』とは、そのままですが、腰を過度に反ってしまっている状態のことです。では、実際にどれくらい反っていたら反り腰なのでしょう?

ぜひ皆様も一緒に確認してみてください☆

壁に背中をつけて立ちます。

腰と壁の間に、こぶし1個分の隙間がある方は、もう『反り腰』です!

正しい姿勢の状態であれば、腰と壁の隙間は、手のひらがギリギリ入るくらいです!
こぶし1個分、、かなり腰を反ってしまっている状態だと分かりますね(*_*)

本来、正しい姿勢は、体の前の筋肉(腹筋)と後の筋肉(背筋、大臀筋)で、バランス良く保たれています。

ですが、反り腰は、この筋肉のバランスが大きく崩れているいます。これらの筋肉を使わない代わりに、お尻を大きく突き出し、そして腰を後方へ反ることで姿勢のバランスを保っています。

実は、このような『反り腰』の状態は、下半身のボディラインにかなりの影響を及ぼしてしまうんです!!

反り腰は、正しい姿勢の時に使う筋肉(腹筋、背筋、大臀筋)をほとんど使えておらず、また本来そこまで使わなくてもいい筋肉(太ももの前側、ふくらはぎ)を必要以上に使ってしまっているのです。

すると下半身のボディラインは、、

・お尻が垂れる
・お尻の締まりがなく、大きく見える
・お腹に脂肪がつきやすくなる
・下腹が出てくる
・骨盤がゆがみ、内股気味になる
・前ももに筋肉がつき、たくましくなる
・ふくらはぎが太くなる
・前すねが張る

このようなボディラインに悩む方も少なくはないのでしょうか??

そこで、
☆『反り腰』を改善するためには☆

1.使えていない腹筋、背筋、大臀筋を鍛える事が必要になります!

2.使いすぎてしまっている、前ももやふくらはぎをほぐすことも重要です!

レイアでは、色々部位を鍛えることが出来る
スーパーウェーブハイブリッド(EMS)や、疲れやリンパを流す多様なマッサージがあります^_^☆

『私、反り腰だ!』と思ったあなた、今すぐレイアに駆け込んで下さい♪笑

ご予約お待ちしております^_^!

 

銀座エステレイア:豊見山

  • このページのトップへ
Sitemap